ZARDのPV動画視聴 - PV動画無料視聴/試聴ならMusicPV Style -

PV動画無料視聴/試聴ならMusicPV Style

ZARDのPV動画一覧ページ。

ZARDのPV動画視聴リスト

ZARD 翼を広げて

5 comments |

ZARD 翼を広げてZARDの未発表曲「翼を広げて」が、ゆかりの深い「名探偵コナン」映画版主題歌に決定。2008年4月9日発売。

「翼を広げて」はDEENの2ndシングルとして坂井泉水が歌詞提供した大ヒットナンバーで、ZARDのセルフカバーはファンの間でも長く待たれていた作品。

翼を広げて/愛は暗闇の中で(初回限定盤)(DVD付)

ZARD 翼を広げてのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 愛は暗闇の中で

7 comments |

ZARD 愛は暗闇の中で『愛は暗闇の中で』は、名探偵コナンのオープニングテーマとして、2008年1月14日からオンエアされている。

ZARDのデビュー・シングル「Good-bye My Loneliness」のカップリングで、他にはファースト・アルバムにしか収録されていないし、これまでのベスト盤にも入っていない。

翼を広げて/愛は暗闇の中で(初回限定盤)(DVD付)

ZARD 愛は暗闇の中でのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 異邦人

1 comments |

ZARD 異邦人1979年に発売された久保田早紀の「異邦人」のカバー。B'zの松本孝弘とZARDの坂井泉水のコラボレーションシングル。原曲の売り上げは144万枚の大ヒットとなっている。

原曲よりかなり力強い曲に仕上がっている。ZARD最後のコラボレートシングルとなった。

TAK MATSUMOTO featuring ZARD、TAK MATSUMOTO featuring 松田明子 他 / 異邦人

ZARD 異邦人のPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD グロリアス マインド

12 comments |

ZARD グロリアス マインド2007年12月12日に発売が予定されているZARDの43rdシングル。坂井泉水が人生で最後にレコーディングした曲であり、坂井泉水がボーカルのZARDとしては最後の曲となる。

オフィシャルブック「きっと忘れない」にレコーディングの様子や歌詞が掲載され、大きな反響を呼び発売が決定。坂井泉水追悼ライブ「What a beautiful memory」でサプライズ発表された。

グロリアス マインド / ZARD、葉山たけし 他

ZARD グロリアス マインドのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 今日はゆっくり話そう

1 comments |

ZARD 今日はゆっくり話そう月桂冠『月』のCMソングとして早くからオンエアされていたが、この曲自体の宣伝がかなり薄かったため、売り上げは低迷した。

なお、カップリング「雨が降り出す前に」では「Get U're Dream」以来4年ぶりに葉山たけしが編曲を担当。次のシングルから完全に復帰する。PVは久しぶりに室外で撮影されている。

ZARD / 今日はゆっくり話そう

ZARD 今日はゆっくり話そうのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 君がいない

11 comments |

ZARD 君がいない『君がいない』は、ZARDの7thシングル。1993年4月21日に発売された。前作「負けないで」の余韻がまだ残っている時期の発売となった。

ギターの音から始まって、その後激しくメロディに入っていく。マイナーコードの曲で、ボーカルが出始めの声の高さで、明るいイメージを思わせる曲のように見えるが、タイトルどおり失恋の歌である。

ZARD 君がいない

ZARD 君がいないのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD マイ フレンド

18 comments |

ZARD マイ フレンド「負けないで」路線に戻ったような応援歌的な歌詞。アニメ「SLAM DUNK」第4期エンディングテーマとなった。

売り上げは前作を倍近く上回り初登場1位。ミリオンセラーはチャートイン最終週の21週目で記録(オリコン調べ)。これは「負けないで」「揺れる想い」に継ぐ自身3番目の売り上げ。またZARD最大のロングセラーともなった。最後のミリオンシングルである。PVでは坂井泉水がスタジオで歌っている姿が話題となった。

マイ フレンド / ZARD

ZARD マイ フレンドのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD Don't you see!

10 comments |

ZARDタイアップは前々作「マイ フレンド」のスラムダンクに続いてのアニメドラゴンボールGTテーマソング。 タイアップ先で流れたアレンジとCDで聴けるアレンジは別物。

オリコン1位は確保したが、今までの売り上げよりやや低迷。発売日よりフライングが長かったものの初動は前作より10万枚近く下がって23万枚と、デビュー当時の数字まで落ち込んでしまった

ZARD Don't you see!のPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD かけがえのないもの

9 comments |

ZARD2006年に入ってからは、3月に2作連続となる両A面シングル『悲しいほど貴方が好き/カラッといこう!』、5月に『ハートに火をつけて』を発売し、オリコンTOP10獲得数を歴代単独2位の「40」に伸ばすなど輝かしい実績も残している。

同年10月25日には、15周年記念の27曲入のベストアルバム、活動15年間のPVを集めたDVD、写真集を同時発売することが決定。

かけがえのないもの / ZARD

ZARD かけがえのないもののPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 揺れる想い

16 comments |

ZARDポカリスエットCMソングに起用され、オリコンシングルチャート2週連続1位という大ヒットを記録し、1993年の同年間チャートで9位を獲得。

ZARDの歴史を通じても「負けないで」に次ぐ2位の売り上げを記録している。本作のタイトルはそのまま同年7月7日に発売した4枚目のアルバムの題名になった。

揺れる想い / ZARD

ZARD 揺れる想いのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD もう探さない

2 comments |

ZARDドラマ「七人の女弁護士」主題歌であるが、ダークなオトナなイメージの曲だったためか、セールスは低く、最高位は自身最下位。これにより、ZARDは次の曲からイメージチェンジを行い、下積みを重ねてトップに上っていった。

因みにカラオケが収録されたのはこのシングルからである。表題曲『もう探さない』はアルバム「もう探さない」に表題曲として収録される。

ZARD もう探さないのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 世界はきっと未来の中

3 comments |

ZARD2005年4月にリリースされた両A面シングル『星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように』は1999年リリースの『世界はきっと未来の中』以来約7年ぶりとなるオリコン最高位2位を獲得。

また同年6月にリリースされた『What a beautiful moment』も累計10万枚を超え、DVDとしては大ヒット。続いて9月には11枚目のオリジナルアルバム『君とのDistance』を発売するなど精力的な活動を行った。

世界はきっと未来の中 / ZARD

ZARD 世界はきっと未来の中のPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD もう少しあと少し

5 comments |

ZARD本作はZARDの代表曲のひとつであり、オリコンチャートでは、1位が槇原敬之の「No.1」で、本作が7570枚差という僅差で1位に届かず2位だったので、1位と2位がまさにタイトル通りとなった。このことはフジテレビ系「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」でも紹介された。

ZARD もう少しあと少しのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 永遠

2 comments |

ZARD当時の流行語にもなっていた、ドラマ「失楽園」の主題歌として有名であるが、一番初めはキヤノン「NEW EOS KISS」コマーシャルソングとして起用された曲である。

久しぶりにフルバージョンPVが作られたが、荒野でただ車が走っているだけで、坂井泉水の顔があまり見えていないため、その点では批判の意見が多い。

ZARD 永遠のPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

ZARD 負けないで

149 comments |

ZARD当時、同じ芸能事務所に所属していた松雪泰子主演のフジテレビ系ドラマ「白鳥麗子でございます!」の主題歌に起用され、オリコン初登場2位と言う当時ZARDにとって最高の初動を記録した。4週目にして、オリコン1位を獲得。 1993年のオリコン年間シングルチャートで6位を獲得する。

負けないで / ZARD

ZARD 負けないでのPV/MV動画を視聴・試聴する。 >>

関連サイトの更新情報
loading...
女性アーティストのPV
あ行

か行
さ行
た行
な行

は行
ま行

や行

ら・わ行

男性アーティストのPV
あ行

か行
さ行
た行

な行
は行
ま行
や行

ら行

わ行

だらぴく 更新画像
逆アクセスランキング
注意事項

当サイトにて紹介している無料動画は、個人で楽しむことを目的とした海外の動画共有サイト「YouTube」・「Dailymotion」・その他動画共有サイトにアップされている動画になります。

また、記事内容に関しては、そのほとんどを「Wikipedia」より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。

尚、動画に関して問題がある場合、直接、各動画共有サイトにご連絡していただける様お願いいたします。